• Motoo Fujiwara

    Vocal & Guitar

    藤原基央

    1979年4月12日生まれ。
    おひつじ座。O型。

  • Hiroaki Masukawa

    Guitar

    増川弘明

    1979年12月20日生まれ。
    いて座。A型。

  • Yoshifumi Naoi

    Bass

    直井由文

    1979年10月9日生まれ。
    てんびん座。A型。

  • Hideo Masu

    Drum

    升秀夫

    1979年8月10日生まれ。
    しし座。A型。

1999
12/31 大晦日ライブイベントに出まくる。 渋谷DESEO→渋谷CLUB QUATTRO→下北沢club 251(カウントダウン)2000年問題も起こらず、一安心。
12/23 年末スペシャル、ハイラインレコーズインストアイベント「第四回直井祭」
12/12 イベント「ハッピーターン」@下北沢club 251(with/カンパネルラ、Syrup16g)
12/7 SPACE SHOWER TV「マタハリ」出演。
12/4 下北沢 GARAGE イベントライブ。(メロディオンズ企画「恋のメロメロ大捜査線」)
11/27 「LAMP」リリース発売記念ライブ「大富豪」at 下北沢CLUB QUE
11/25 1st Maxi Single「LAMP」リリース。(ハイラインレコーズ)
「LAMP」リリース発売記念ライブ「大貧民」at 千葉LOOK
初のシングル音源ながらSPACE SHOWER TV の「POWER PUSH!」に選ばれたりTVK TV「Mutoma Japan」内「VIDEO CLIP DARBY」で優勝するなど、ちょっとした「LAMP」旋風が吹く。
11/3 BUMP OF CHICKENプロデュースイベント「 デラ!ロッチャ! 」at 下北沢 club 251(with/Syrup 16g)
10/24 日比谷野外大音楽堂 イベントライブ(DRAW THE HIGH LINE)
10/23 下北沢 CLUB QUE オールナイトイベント(Gash企画/「TRAVEL AIR」)
10/11 渋谷 ON AIR WEST イベントライブ
10/8 大宮 HEARTSイベントライブ
10/3 BAY-FM「ネオストリームナイト」内でバンプのコーナー「PONTSUKA」スタート!!(毎週日曜深夜4時台。5分番組)
9/30 QUIP MAGAZINE「 オレ、ひでお 」連載スタート(3ヶ月毎月末発売)
9/23 渋谷 DESEO イベントライブ。(with/BUNGEE JUMP FESTIVAL、HEAD GOOD TV)
9/15 千葉 LOOK ツアーファイナルワンマンライブ。前売りチケットはSOLD OUT、当日券も発売と同時に即完売!
9/12 名古屋E.L.L. ライブ。
9/10 大阪心斎橋 CLUB QUATTRO ライブ。(「キャバレー」Produced by ちわきまゆみ氏。with/くるり、MANGA HEAD)ほとんどがくるりFANの中、お客さんのあたたかさにメンバー感激。思わず自分らにアンコールを送ってしまい、急遽千葉・東京ではお馴染み「DANNY」を演る(スタッフの皆様、感謝です!)。ライブ終了後、いつもならご飯を食べてすぐホテルに戻って "大富豪"(トランプ)をするメンバーが珍しく打ち上げに参加する。
9/9 移動日。夕方まで自由行動だったのでメンバーは一路原爆ドームへ。そこでの受けた衝撃に大阪へ向かう車の中で全員平和について、人間について、自分について語り合う。
9/8 広島 NEO POLIS HALL ライブ。ライブ終了後、ご飯はもちろん広島焼。
9/7 福岡 DRUM Be-1 ライブ。なんと長崎からもバンプを観に人が訪れる。ライブ終了後、ご飯はもちろんラーメン。
9/6 明け方、 神戸到着 。さすがのメンバーも疲れを隠しきれずここで昼まで仮眠を取る(しかもラブホ)。
9/5 初の全国ツアー「HANSO-DE TOUR '99」に向けて東京出発!この日の明け方までレコーディングをしていたのにこのはしゃぎっぷりは?!
8月26日 下北沢 CLUB 251 ライブ。(「綜合科学研究所 Vol.8」with/ライフレコーダーズ、GOING UNDERGROUND、グン)
8/25 千葉 LOOK ライブ。(「 平泳ぎ大会~スイスイ~ 」)
8/20 渋谷 club asia ライブ。(「CLUB DI:GA」with/noodles、ジァイアントステップ、Pete Best etc...)この日は夏休みということもあってか大阪や新潟、長野、仙台、北海道等、地方から沢山の人がバンプを観に訪れる。
8/15 大宮 Nack 5 Town インストアライブ。
8/8 千葉 LOOK ライブ。(with/wagon、sepa、in the soup)
8/3 下北沢 SHELTER ライブ。(with/ソルビット、FLOWER ROCK) 久しぶりのライブにバンプ・オーディエンスが100人来る。
7/30 FUJI ROCK Fes. 初日。当初メンバーみんな行く気マンマンだったがちゃんとFUJI ROCK 貯金をしていたのは升ひとり。升ひとり、電車で観に行く。
7/15 BREaTHでの連載スタート。(vol.9号から)
7/13 B.PASS 取材。喋る喋る!あまりの勢いになんと次々号からの連載が決まる。
7/3 下北沢 CLUB 251 ライブ。(with/ステンレス、シモンズ)この日でしばしライブは試験休みに突入。これを機に楽器を生まれて初めてのリペアに出す。
6/30 熊谷 VOGUE ライブ。…と、6月だけで5本という怒涛のライブスケジュール。初の熊谷進出に客の入りは寒ーいモノとなり疲れが余計に心配だったが、素晴らしいステージをみせる。人知れずひっそりと良いライブをするバンプ…。
6/27 大宮 Hearts ライブ。(with/太陽の塔、ギルカバー&ザ・モンキー)
6/22 渋谷屋根裏ライブ。(with/ハズバンド、dai dai、JET SET、ベロテクス)
6/13 下北沢 CLUB QUE ライブ。(with/ウィルベリー、クライフ・イン・ザ・ベッドルーム)
6/3 千葉LOOKライブ。
5/22 下北沢 CLUB QUE 「ハイラインナイト」イベントライブ。(with/carnies、ジァイアントステップ)東京で初のチケット完売!!お店の人曰く「年末のイベントなみだね!」
5/20 渋谷屋根裏 ライブ。(with/マンガヘッド、water pic man、Patty's Oblian)
5/5 HMV新宿サウス店インストアライブ。(with/ジァイアントステップ)大画面でPVが流れ、自分達が映しだされ、ステージ上ではしゃぐメンバー。この日は約300人程の人がみてくれていた。
5/4 下北沢 CLUB 251 ライブ。
MUSIC DAY と言うことで(どういうことだ?)SPACE SHOWER がバンプを撮る。(99年6月9日O.A.)
5/1 千葉LOOKライブ。
チケット完売の為、入れなかったファンが店の前に35人!お店の人に無理を言ってキャパ以上だったが無理矢理詰め込む。
4/10 下北沢GARAGE ライブ。(with/アポロチーム、Hermann Hesse & The Pacemakers、BUZZ-EDGE)
4/1 大阪バナナホール ライブ。前日のライブのせいか、バンプ目当てのチケット予約が当日30枚入る。
3/31 FMひらかた ゲスト出演。大阪ベイサイドジェニー ライブ。初の大阪遠征に、思った以上に寒いノリ。余りの寒さにメンバー、遠征に来た意味を考え直したり…、しかしそんな不安とは裏腹に沢山のアンケートが返ってくる。
3/30 渋谷ON AIR EAST イベントライブ。ライブが終わってその足で目指すは 大阪 !
3/28 下北沢 CLUB QUE ライブ。評判を早くも聞き付けた業界人がわさわさと観に来る。
3/22 千葉LOOK CD発売記念ワンマンライブ。
当初は対バンが1つつく予定だったが、予定していたバンドが急遽事故により出演取りやめという事態に。しかし150人のファンと物凄い盛り上がりのライブをみせる。遠くに引っ越してしまう友達のために作った曲も聴けて感動的なライブだった。
3/18 ハイラインレコーズより1st. Album「 FLAME VEIN 」リリース!
この日、発売記念インストア・アコースティック・ライブを下北沢ハイラインレコーズにて行う。ここに詰めかけたファンはなんと150人!店の前の階段はファンの行列で埋め尽くされる。ライブの模様はスペースシャワーニュースでも取り上げられる。フリーペーパー第2号「DAVILS' CRISIS」発行。
3/10 下北沢 SHELTERライブには心待ちにしていたファンが詰めかける。
3 無事に大学合格(増川)。晴れてバンド活動を再開する。
1998
12/11 下北沢 CLUB 251 ライブ。CD とカセットテープの影響でBUMP OF CHICKEN だけで100人近くもの人がつめかける。ファンの幅も東京はもちろん、埼玉・神奈川・群馬・茨城・栃木にまで拡がる。

5つほどイベントに誘われるが全て断り、大学受験のため再び活動休止。そして冬休みを利用して 3日間 レコーディングをする。
12/6 フリーペーパー「HELLS IMPACT」創刊。
10/27 下北沢 CLUB 251 ライブ。
10/25 ハイラインレコーズにてCD 発売記念インストアライブ。BUMP OF CHICKEN を一目見ようと、「あんなに沢山の人が店にいるところは見たことがない!」と店員さんを驚かせるほどの人がつめかける。CD はこの後ハイラインレコーズ売上チャート初登場 2位(デモテープも共にチャートイン)となり1ケ月で完売する。BAY-FM「ネオストリームナイト」内「BUMP OF CHICKEN の '' VIVA !! LONGFELLOW」最終回放送。
10/24 千葉LOOKに企画モノのイベントに出演。イベント動員数250人!1st CD「BUMP OF CHICKEN 」(ハイラインレコーズとライブ会場のみ販売の完全500枚限定。シリアルナンバー入り)先行発売。200枚が即完売。
10/18 BAY-FM「ネオストリームナイト」内「BUMP OF CHICKENの '' VIVA !! LONGFELLOW」放送。
10/8 下北沢 CLUB 251 ライブ。ノルマをようやく売り切る。東京の風はまだ冷たい。
10/4 BAY-FM「ネオストリームナイト」内のインディーズコーナーの月間パーソナリティスタート。その名は「BUMP OF CHICKEN の '' VIVA !! LONGFELLOW」。
9/30 下北沢 CLUB 251 ライブ。東京で初のちゃんとしたブッキングライブ出演に、千葉から多くのファンが応援にかけつける。
9/23 本八幡ルート14ライブ。
9/15 千葉LOOKに、店の企画で出演。2バンドで200人近く集客する。「お互いの曲をカバーしあう」という企画があり、相手のバンドが「アルエ」をカバーしたら、客席から大合唱がおこった。
8/30 本八幡ルート14ライブ。
7/27 本八幡ルート14ライブ。
6/25 - 28 明大前キッドアイラックホールに「すいっち」とのジョイントミュージカル出演。タイトルは「はしるおんな」。このミュージカルのために6曲ほど書き下ろす。計6回のステージに毎回沢山の人がおしかけ、大盛況で千秋楽を迎える。
6/7 千葉LOOKに企画モノのイベントに出演。イベント動員数230人!
5/27 千葉ANGA ワンマンライブ。150人のファンが訪れる。この日はいつも来てくれるファンの人に感謝の気持ちを込めてチケット代を 651円 に設定。
5/17 デザインフェスタにてライブ。
ライブステージではなくファッションショースペースでライブをやったのが功を奏したか、その日持ち込んでいたデモテープが5分で売り切れる。
5/3 千葉LOOKに企画モノのイベントに出演。イベント動員数200人!
4/29 西荻窪ターニングに店の企画ライブ出演。はやくもBUMP OF CHICKEN の噂をききつけた業界人で一杯になる。
3/31 本八幡ルート14ライブ。
3/15 千葉ANGAにて、復帰第1弾ライヴをBUMP OF CHICKEN史上初ワンマンで行う。待ちに待ったファンがなんと130人 も訪れた。
3 春になり、無事に1人は大学合格、1人は浪人、1人は大検、調理師免許に車の免許をとり、1人は上京。デモテープがハイラインレコーズ全商品総売上チャート3位ランクイン。その後ほぼ毎月トップ10内にはいる
1997
10 千葉ANGAにて、BUMP OF CHICKEN 企画でライヴを行う。この時、50本のデモテープを10分で完売する。好評につき、下北沢ハイラインレコーズでの販売をその後開始する。(後にこのデモテープは1000本売れる。)このライヴを最後に、メンバー大学受験のため活動休止。
6 - 8 1st Tour 「CHICKEN ' S ナイフ」にて5回のライヴをこなす。…と言ってもこのうちの4ケ所は全部千葉。ゆえに、千葉Tourである。FINAL の下北沢CLUB QUE(出演時間たった15分)で初のアンケートを試みたところ、50枚の返りがあった。
1 都内で初のライヴ(下北沢 CLUB 251。なぜか all night EVENT)で刺激を受ける。
1996
8 Beat Brust in Japan に「ガラスのブルース」で出場。全国大会でグランプリに輝く。期待していた賞品は…Macintosh 1台。分配の仕方に困った結果、「 家にゲームがない 」という理由で升の家に運ばれる。 Macintosh は升の家で眠ることとなる…。
2月~4月 この時、メンバーの1人はクビ(?)になり4人になる。その後もコンスタントに(テスト期間はもちろんやすむ)ライヴ活動を続ける。
1996年 '96TFM に「 DANNY」 でエントリー。関東大会まで進み、ヘンテコな賞をもらう。
1995
7 初のライヴが、高校生音楽祭。初めてのオリジナル曲をひっさげて出場する(予選落ち)。しかし、人々との出会いを受ける。夏に、「やっぱりバンドは 合宿 でしょ!」と言う理由で持ち曲もないくせにいざ軽井沢へ。
1994
1994年 中学3年の文化祭用に、藤原・直井・升を含む4人でバンドを組む。Beatles のカバーで予想以上にウケた為、味をしめたメンバーは高校受験終了時にGuitar 増川を加え、それぞれ違う学校へ進学してからもバンドを継続。
千葉県は佐倉市。
幼稚園から幼なじみの4人は、長嶋茂雄氏と同じ小学校を経て(1人だけは別)中学校で再会する。